現在の閲覧者数:    

最新記事一覧!!

 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 

この記事を簡単にブックマークする↓

三浦春馬の澄んだ瞳、青い空、白い雲のように 小さな故意の物語、感想、ネタバレ 東野圭吾ミステリーズ

三浦春馬さんが主演を務めた、東野圭吾ミステリーズ小さな故意の物語

 

爽やかな青春の1ページが、悲劇に変わるっていうところでしょうか?

 

三浦春馬さん演じる良一は、親友の達也が自殺ではなく事故だとも考えられない

ってことで、犯人を探すっていう話なんでしょうけど

 

 

なんか、三浦春馬さん(良一)からは、犯人捕まえてやるっていう気合みたいな

ものが感じられなくて、観ているこちら側としても感情移入がうまく出来なかった

ですね。

 

 

特に、盗撮している担任を捕まえて焼肉奢ってもらうあたりから、

もうちょい切れてもいいんじゃないかな?と思ってしまうくらい

冷静というか冷めている感じで、

しびれる感情がないなぁーと思いながら観ていました。

 

 

 

達也を陰ながら好きだったという笠井美代子(三吉彩花)も、

屋上の、ゲートを超えてかなり危ないところで立っている達也に

 

鏡で、光を送って気づいて欲しかった…

 

うーんなんかよくわからない…

 

 

大体、達也くんが屋上の柵を超えて立っている時点で、現実離れした話になって

ついていけなくなってしまいました。

 

なんかストーリーがフワフワしたまま終わってしまった感は否めないと思います。

 

 

原作の内容変えてでも、波留さん演じる洋子が突き落としたくらいの

インパクトがないと、イマイチピンとこないし、

 

 

達也のストーカー的な愛情表現に、恐怖を感じて洋子が離れようと思った

なら、そこの部分を演出してくれないとよく伝わってこない。

 

 

波留さんもインタビューでは

洋子が何をしたくて何を考えているのか判らなくて困った

とおしゃってましたが、出来上がったドラマを観た私の感想も

波留さんと同じようによくわからなかったですね。

 

 

それは、波留さん演じる洋子もそうですし、三浦春馬さんが演じる良一に対して

も、はたまた、一回生徒に見つかって置きながら、また、盗撮を繰り返して

三浦春馬さんに捕まって、借金がどうだのとヘラヘラ喋っている担任も

 

みんな、何を考えているのか?

 

 

今回の東野圭吾ミステリーズ小さな故意の物語」は

まるで、青い空に無限に広がる雲をつかもうとしているような

不思議な浮遊感のまま、最後まで流れていった回でした。

 

 

来週は、広末涼子さん主演の「結婚報告」ですね。

CM観た限りでは、また、ホラーサスペンスになるのでしょうか?

大倉孝二さんが珍しくモテる!?役で戸惑ったと言っていたので

いろんな意味で楽しみです。



スポンサーサイト
 

この記事を簡単にブックマークする↓

戸田恵梨香の狂気の怪演に視聴者の戸惑い 視聴率は白い凶器

東野圭吾ミステリーズ戸田恵梨香主演

白い凶器」の視聴率はあまり伸びなかったようですね。

 

7.9%と前回、長澤まさみ、安藤政信、サプライズで妻夫木聡と、

いわば、力技的なキャスティングでかなり熱の入った宣伝をしていた

シャレードがいっぱい」ですら8.9%なので

 

今回に限っては別に不思議なことではないと思います。

 

 

「白い凶器」はミステリー作品ではないので、題名が東野圭吾ミステリーズ

ある以上、謎解きを楽しみにしている人は肩透かしを食らったと思います。

 

 

あと、ラストは完全にサイコパスなので、好みがわかれるのは仕方ないですが、

 

CMやプロモーション映像でそのことは知らされていたような気もするのですが

どうでしょうか?

 

でも、強烈な拒否反応があっても、仕方のないような映像描写があったのは

否めないでしょうね。

(逆に言うとそれを目当てで観た視聴者には受けたんじゃないかと思います)

 

私も、かなり面白いと思いました。

 

 

ただ、タバコ→煙→流産という戸田恵梨香演じる中町由希子の思い込み

には、やや違和感を感じました。

 

 


でも、原作が収められた東野圭吾の「犯人のいない殺人の夜」は、

1990年に刊行された小説です。

 

ちなみに1988年から徐々にタバコに対して世界からの風当たりが

強くなっていて

「世界禁煙デー」が設けられた他、

タバコタバコ製品による健康被害に関. する WMA声明」

第40回世界医師会(WMA)総会で採択された年でもあります。

 

WHO世界禁煙デーにはその年ごとにスローガンが掲げられるが

原作刊行時のスローガンは以下です。

1988年
Tobacco or health : choose health
たばこか健康か-健康を選ぼう

1989年
The female smoker : at added risk
プラスされる女性喫煙者への害

1990年
Growing up without tobacco
子供に無煙環境を

 

女性、子供というキーワードが目を引くような気がします。

 

 

私は、その時まだ物心ついて、間もなかったのですが

よく、コンビニでタバコのショーケースの横に禁煙パイポなるものが

売られていたのが記憶に残っています。

 

 

今では、芸能人が禁煙に成功して本を出版したりするのですが、

当時は、健康被害に対する懸念とタバコは文化という全く逆の価値観が

混在していたと思うのです。(禁煙パイポの件だってそうだと思います。)

 

 

そういう社会的な背景を思い描きながら楽しむとただのサイコパス

よりも深くストーリーを感じることができるかなと思いました。

 

 

私も何も考えずなんとなく観ていたので、昔の作品は解釈が難しいなと

思いました。

 

 

多分、あと、10年すれば死刑制度廃止前の時効期間を取り扱った

小説に若い人は共感できないと思います。

 

 

時間の流れで、根本的な価値観も変わってくるので面白いし、

あるいは、それがまるで煙のようで知らないうちに時代の空気を

当たり前に吸ってしまっているから、狂気を生むのかもしれませんね。



 

この記事を簡単にブックマークする↓

NEXT≫
アンケート
プロフィール

登録して頂くと読みやすいです!



ブックマーク→お気に入りで 簡単に登録できます



sunfast

Author:カズキ
ドラマや読書が好きなので、そこら辺の話題を書いていきたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます!



当サイトへリンクして頂ければ、簡単に2ステップでランキングに参加できます。

track word
ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
  • SEOキーワード調査
ブログランキング

良ければポチっと押してください

おきてがみ


いつもありがとうございます!

よく読まれている記事
月別アーカイブ
楽天
あわせて読みたい
あわせて読みたい
ドロップダウンカテゴリリスト

↓クリックして見たいカテゴリを表示できます↓

ツリーカテゴリ
あし
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。